研究について

(2)免疫チェックポイント阻害薬不応性がんに著効するTriCombo ACT療法の研究開発

近年、抗PD-1抗体や抗CTLA-4抗体等の免疫チェックポイント阻害薬が様々ながんで劇的な抗腫瘍効果を示し、注目を集めている。しかし、大部分の患者はこの治療法に不応性であり、さらに強力で新機軸の免疫療法が待望されている。

我々は、免疫チェックポイント阻害薬に不応性のマウス腫瘍モデルを樹立し、その詳細な解析を行った。
その結果、不応性腫瘍では腫瘍局所の免疫的環境が不活性であり、特に腫瘍局所マクロファージが未成熟で抗原提示活性を発揮していないことを見出した。

そこで、Toll様受容体(TLR)アゴニストの存在下で、マクロファージ標的型ワクチンデリバリーシステム「CHPナノゲル」を用いて腫瘍局所マクロファージへ抗原デリバリーを行ったところ、腫瘍局所マクロファージを活性化し抗原提示活性を発揮させることに成功した。この処置を施した腫瘍は免疫チェックポイント阻害薬への応答性を示すようになるが、とりわけ、遺伝子改変T細胞輸注療法に対して顕著な応答性を示すようになる。
すなわち、「CHPナノゲルを用いた抗原デリバリー」「TLRアゴニスト」「遺伝子改変T細胞輸注療法」の3者から成る「TriCombo ACT療法」は、免疫チェックポイント阻害薬不応性腫瘍を治癒にまで導けることを見出した。

このように強力ながん治療法は国内外にもあまり例がなく、高い臨床有用性が期待される。TriCombo ACT療法の作用機序の解明をさらに進める一方で、非臨床試験やGMP準拠製造を進め、臨床評価の準備を行っている。