抗原発現を調べる方法

三重大学で行っているがん免疫療法の臨床試験は、体外からがん抗原蛋白(またはペプチド)を注射することにより、がん細胞を直接攻撃する体内のキラーTリンパ球を活性化する”がんワクチン”と、がん抗原にだけ反応するリンパ球などを一旦体外で増殖活性化させ、再び体内へ戻す”細胞治療”があります。

いずれの治療もがん組織にだけ発現されている”がん抗原”を標的とするため、あなたのがん組織でがん抗原(MAGE-A4、NY-ESO-1)が発現していることが条件となります。

検査にはがん組織そのものが必要となるため、過去に手術または生検などでがんの病巣を取ったことがある場合に限り検査を行うことができます。
(手術または生検後の検体は、ほとんどの場合各医療機関で保存されています。)