メンバー紹介

赤堀泰

教員名

赤堀泰(あかほり やすし) 講師

連絡先

〒514-8507 三重県津市栗真町屋町1577 総合研究棟II 東棟4F
三重大学大学院医学系研究科
複合的がん免疫療法研究センター
電話:059-231-5340(内線6905, 総研IIラボ)
Email:yakahori@clin.medic.mie-u.ac.jp

研究テーマ

人工抗体を使用した治療システムの開発

プロフィール

1958年静岡県掛川市生まれ。掛川市育ち。1976年静岡県立掛川西高等学校卒業。
1980年国立名古屋大学卒業。(株式会社)生物科学技術研究所勤務後、1990年国立名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了(理学博士)。
1990年より1992年まで日本学術振興会特別研究員。1992年より2005年まで藤田保健衛生大学助手、2005年より2013年まで助教、2013年より三重大学講師、現在に至る。
名古屋大学での卒業研究は、ウニ卵の初期発生での無核断片に存在するリズムの解析。密度の違うショ糖でウニ卵を分割し、KClで附活化すると、一定周期で原形質が飛び出す。これにATPのアンカップラー試薬を作用させると、弱まるが周期は維持された。したがって周期自体はATP依存性ではない、という研究を行った。
大学院からは藤田保健衛生大学の黒澤良和先生の指導のもと、免疫学研究室にて免疫グロブリンの遺伝子構造解析を行い、ヒトでのIgDへのクラススイッチがhomologous recombinationであることを見つけた。また、IgM-IgG double producing細胞ではクラススイッチが起きていないことを確認し、報告した。
2003年より2008年まで、藤田保健衛生大学は21世紀COEに選択され、私は、所属する免疫学教室と共に、自作のヒト抗体ライブラリを使用して、ウィルス中和抗体、がん細胞認識抗体の開発を行う。
2013年より現職となり、がん抗原に由来するペプチドMHC複合体(pMHC complex)を認識する抗体の単離及びそれを使用したキメラ抗原受容体(chimeric antigen receptor, CAR)の開発を行っている。
趣味は囲碁将棋で、新聞の囲碁将棋欄は毎日チェックしている。休日は喫茶店にて複数の新聞を読んで、まったりするのが好き。大学生の頃、自転車で走るのが好きで、東北北海道や能登半島、紀伊半島を走った。現在は近場を走るにとどめている。

所属学会

日本癌学会、日本がん免疫学会

著作・論文

  1. Guanine-Rich Sequences Are a Dominant Feature of Exosomal microRNAs across the Mammalian Species and Cell Types. Momose F, Seo N, Akahori Y, Sawada S, Harada N, Ogura T, Akiyoshi K, Shiku H. PLoS One. 2016 Apr 21;11(4):e0154134. doi: 10.1371/journal.pone.0154134. eCollection 2016.

     

  2. Construction and molecular characterization of a T-cell receptor-like antibody and CAR-T cells specific for minor histocompatibility antigen HA-1H. Inaguma Y, Akahori Y, Murayama Y, Shiraishi K, Tsuzuki-Iba S, Endoh A, Tsujikawa J, Demachi-Okamura A, Hiramatsu K, Saji H, Yamamoto Y, Yamamoto N, Nishimura Y, Takahashi T, Kuzushima K, Emi N, Akatsuka Y. Gene Ther. 2014 Jun;21(6):575-84. doi: 10.1038/gt.2014.30. Epub 2014 Apr 3.

     

  3. Isolation of human mAbs that directly modulate FMS-related tyrosine kinase 3 signaling. Yamamoto Y, Tsuzuki S, Akahori Y, Ukai Y, Sumitomo M, Murayama Y, Yamamoto K, Inaguma Y, Tokuda M, Abe A, Akatsuka Y, Emi N, Kurosawa Y. Cancer Sci. 2012 Feb;103(2):350-9. doi: 10.1111/j.1349-7006.2011.02141.x. Epub 2011 Dec 5.

     

  4. Antibody-dependent cell-mediated cytotoxicity is induced by a single-chain Fv-protein III fusion in the presence of a rabbit anti-protein III polyclonal antibody. Hamada-Tsutsumi S, Suzuki K, Akahori Y. Immunol Lett. 2011 Apr 30;136(1):44-8. doi: 10.1016/j.imlet.2010.12.001. Epub 2010 Dec 13.

     

  5. Selection and analysis of anti-cancer antibodies for cancer therapy obtained from antibody phage library. Kurosawa G, Sumitomo M, Ukai Y, Subere J, Muramatsu C, Eguchi K, Tanaka-Hashiba M, Sugiura M, Ando M, Sato N, Morita M, Inaba K, Morigaki S, Takasaki A, Akahori Y, Miyakawa S, Uyama I, Maeda K, Shiroki R, Hoshinaga K, Mizoguchi Y, Hattori Y, Sugioka A, Sugiura M, Kurosawa Y. Cancer Sci. 2011 Jan;102(1):175-81. doi: 10.1111/j.1349-7006.2010.01739.x. Epub 2010 Oct 12.

     

  6. Methods for comprehensive identification of membrane proteins recognized by a large number of monoclonal antibodies. Kurosawa G, Sumitomo M, Akahori Y, Matsuda K, Muramatsu C, Takasaki A, Iba Y, Eguchi K, Tanaka M, Suzuki K, Morita M, Sato N, Sugiura M, Sugioka A, Hayashi N, Kurosawa Y. J Immunol Methods. 2009 Dec 31;351(1-2):1-12. doi: 10.1016/j.jim.2009.09.003. Epub 2009 Sep 18.

     

  7. Frequent overexpression of CADM1/IGSF4 in lung adenocarcinoma. Kitamura Y, Kurosawa G, Tanaka M, Sumitomo M, Muramatsu C, Eguchi K, Akahori Y, Iba Y, Tsuda H, Sugiura M, Hattori Y, Kurosawa Y. Biochem Biophys Res Commun. 2009 Jun 12;383(4):480-4. doi: 10.1016/j.bbrc.2009.04.039. Epub 2009 Apr 14.

     

  8. Characterization of neutralizing epitopes of varicella-zoster virus glycoprotein H. Akahori Y, Suzuki K, Daikoku T, Iwai M, Yoshida Y, Asano Y, Kurosawa Y, Shiraki K. J Virol. 2009 Feb;83(4):2020-4. doi: 10.1128/JVI.02097-08. Epub 2008 Dec 10.

     

  9. Isolation of antigen/antibody complexes through organic solvent (ICOS) method. Akahori Y, Kurosawa G, Sumitomo M, Morita M, Muramatsu C, Eguchi K, Tanaka M, Suzuki K, Sugiura M, Iba Y, Sugioka A, Kurosawa Y. Biochem Biophys Res Commun. 2009 Jan 23;378(4):832-5. doi: 10.1016/j.bbrc.2008.11.129. Epub 2008 Dec 9.

     

  10. Comprehensive screening for antigens overexpressed on carcinomas via isolation of human mAbs that may be therapeutic. Kurosawa G, Akahori Y, Morita M, Sumitomo M, Sato N, Muramatsu C, Eguchi K, Matsuda K, Takasaki A, Tanaka M, Iba Y, Hamada-Tsutsumi S, Ukai Y, Shiraishi M, Suzuki K, Kurosawa M, Fujiyama S, Takahashi N, Kato R, Mizoguchi Y, Shamoto M, Tsuda H, Sugiura M, Hattori Y, Miyakawa S, Shiroki R, Hoshinaga K, Hayashi N, Sugioka A, Kurosawa Y. Proc Natl Acad Sci U S A. 2008 May 20;105(20):7287-92. doi: 10.1073/pnas.0712202105. Epub 2008 May 12.

     

  11. Isolation of therapeutic human monoclonal antibodies for varicella-zoster virus and the effect of light chains on the neutralizing activity. Suzuki K, Akahori Y, Asano Y, Kurosawa Y, Shiraki K. J Med Virol. 2007 Jun;79(6):852-62.